参院選2019 北海道選挙区 #子育て政策聞いてみた

 勝部けんじはたやま和也森山佳則
写真
政党名など立憲民主党日本共産党幸福実現党
Q1 今年 10 月から幼児教育・保育の「無償化」が実施されます。一方、待機児童や保育士不足など「保育の質と量」の 問題が解決していない中での無償化の導入は時期尚早という声もあります。財源に限りがある中で、これらの問題に 対して今後どのように予算配分すべきとお考えですか。
無償化の予算規模 [ 拡大すべき / 現状維持 / 縮小すべき ]拡大すべき拡大すべき縮小すべき
保育の質と量の予算規模
[ 拡大すべき / 現状維持 / 縮小すべき ]
拡大すべき拡大すべき拡大すべき
補足コメント補足コメント補足コメント
補足コメント子どもを産み育てることを応援し、支えあえる社会にしたいと思います。財源は国債を発行してでも確保すべきです。保育の質と量の確保を最優先とし、まずは保育士の賃金を全産業平均まで引き上げます。消費税増税に頼らず幼児教育・保育の「無償化」や認可保育所の大幅増設などを実施します。財源は、優遇税制で大企業の税率が中小企業より8%も低いのを正し、富裕層優遇の証券税制や所得税制を正してつくります。バラマキ政策である増税による教育費無償化は、質の低下を招くため、やめるべきです。
勝部けんじはたやま和也森山佳則
Q2 待機児童解消に向けた「保育の受け皿」の確保への対策として、あなたが政策として最も優先すべきと考えるものを お答えください。
[1.保育士の確保のための政策 / 2.用地の確保のための政策 / 3.多様な保育サービスの提供 / 4.その他 ]
「保育の受け皿」の確保への対策保育士の確保のための政策保育士の確保のための政策保育の規制緩和を推し進める
補足コメント補足コメント
補足コメント保育現場は圧倒的に人員が不足しています。人員確保にむけ労働環境改善と大幅賃金アップを行います。例えば午睡時間帯のみの勤務など、現場要望も踏まえライフステージにあわせた多様で柔軟な働き方を可能にしたい。北海道の全産業平均より7万円も低く、新入保育士で手取りが12万円の状況もあって、2,3年でやめる人もすくなくない。国の施策でただちに5万円引き上げ、更に全産業平均の水準に引き上げます。
Q3 保育の量と質の確保のために、保育士不足の解消は急務と言われています。保育士不足の解消としてあなたが最 も優先すべきと考える施策についてお聞かせください。
[1. 大幅な処遇改善(月 5 万円以上) / 2. 保育士の労働時間短縮・労働環境改善 / 3. 准保育士制度など資格要件の緩和 / 4. その他]
保育士不足の解消施策保育士の労働時間短縮・労働環境改善大幅な処遇改善(月5万円以上)准保育士制度など資格要件の緩和
補足コメント補足コメント
補足コメント持ち帰り残業など保育士の時間外労働は深刻で年次有給休暇の取得もままなりません。目の前の子どもと保護者は見過ごせず、記録・計画の書類整理に追われ、まさに身を削って働いている現状を変えなければなりません。若い保育士の多くは奨学金の返済を抱えていますが、低賃金のため返済できなく、なりたくてもなれなかったり、なっても続けられなかったりしています。奨学金問題も含めて、国の対策が急がれます。
Q4 男性の育休取得率は 6.16% に止まる中、男性の育休 " 義務化 " に関する議論が、国会議員・メディア・市民の間で巻 き起こっています。従業員から手を挙げる現在の制度ではなく、企業から従業員へ働きかける形で、従業員は希望 すれば育休を取らない選択もできる『企業に対する " 義務化 " 』について、賛成ですか ? 反対ですか ?
[1. 賛成 / 2. 反対 / 3. その他 ]
男性育休の企業に対する " 義務化 "賛成賛成反対
補足コメント補足コメント
補足コメント本来は性別に関係なく取得しやすい環境をいかにつくるかが課題です。ただ、男性の育休取得が依然として低い現状では考えうる施策は行うべきです。パタハラという言葉があるように不利益取り扱いへの対策も重要です。男性の育休に企業の社会的責任を求めることは必要です。また、父母それぞれに育休3ヵ月分の所得を保障し、分割取得も認めるなどの改善をすすめます。
勝部けんじはたやま和也森山佳則
Q5 下記の「子ども・子育て政策」で、あなたがより積極的に取り組みたいものは何ですか ? [ 各カテゴリー設問ごと、 4 つの選択肢から 1 つお選びください ]
-A. 子どもの貧困対策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]子どもへの学習支援低所得世帯への食料支援子どもへの学習支援
-B. 安心して子どもを預けるための施策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
病児・病後児保育の充実保育士と児童数の配置基準見直し病児・病後児保育の充実
-C. 産前・産後の支援 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
産後うつ予防と対策(子育て神話の撲滅)産後うつ予防と対策(子育て神話の撲滅)親への再就職・復職支援の強化
-D. 乳幼児の防災対策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
避難所の授乳室・親子エリアの設置義務災害時の地域共助の仕組みづくり災害時の地域共助の仕組みづくり
-E. 放課後児童クラブの充実 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
放課後児童支援員の処遇改善学童保育の人員配置基準(有資格者を含め複数人必須とする)廃止の見直し自治体学童保育実施状況評価制度の導入
補足コメント補足コメント
補足コメントほとんどが必要な政策で、選ぶのに大変迷いました。子どもの健全な発達と子育て世代支援のために、精一杯、政策を進めます。E: 民間学童は低賃金が障害になって指導員不足が深刻で、建物の確保も含めて国と自治体の助成を増やすことが大事ですが、人員配置基準廃止は、現状を更に悪化させるものです。
Q6 その他、「子育て政策」において上記の設問以外で推進したい政策がありましたら、お聞かせください。
Q6 その他取り組みたい「子育て政策」教員として子どもにかかわった経験から、縦割り行政の解消はもちろんですが、子どもと子育て世代を社会全体で支えるために、私たち立憲民主党が掲げる「子ども家庭省(仮称)」の創設に尽力したいと思います。中学卒業までの医療費無料化や地方での産婦人科と小児科の設置を国の責任でおこないます。教育無償化の見直しや保育の規制緩和、保育園などサービス向上を押し進めるべきと考えます。
勝部けんじはたやま和也森山佳則