参院選2019 茨城選挙区 #子育て政策聞いてみた

 おぬまたくみ海野とおる大内くみ子
写真
政党名など立憲民主党日本維新の会日本共産党
Q1 今年 10 月から幼児教育・保育の「無償化」が実施されます。一方、待機児童や保育士不足など「保育の質と量」の 問題が解決していない中での無償化の導入は時期尚早という声もあります。財源に限りがある中で、これらの問題に 対して今後どのように予算配分すべきとお考えですか。
無償化の予算規模 [ 拡大すべき / 現状維持 / 縮小すべき ]拡大すべき拡大すべき拡大すべき
保育の質と量の予算規模
[ 拡大すべき / 現状維持 / 縮小すべき ]
拡大すべき拡大すべき拡大すべき
補足コメント
補足コメント子どもは社会の宝です。無償化は消費税増税に頼らない財源保障で実施すべきです。認可保育所を30万人分増設し待機児童を解消します。F35戦闘機1機で4000人分の保育所建設費が確保できます。
おぬまたくみ海野とおる大内くみ子
Q2 待機児童解消に向けた「保育の受け皿」の確保への対策として、あなたが政策として最も優先すべきと考えるものを お答えください。
[1.保育士の確保のための政策 / 2.用地の確保のための政策 / 3.多様な保育サービスの提供 / 4.その他 ]
「保育の受け皿」の確保への対策保育士の確保のための政策多様な保育サービスの提供保育士の確保のための政策
補足コメント
補足コメント低すぎる保育士配置基準を抜本的に引き上げ、過酷な保育労働や時間外労働を解消します。保育士が結婚、出産、育児しながら仕事を続けられるよう処遇を改善します。障がい児保育を充実させます。
Q3 保育の量と質の確保のために、保育士不足の解消は急務と言われています。保育士不足の解消としてあなたが最 も優先すべきと考える施策についてお聞かせください。
[1. 大幅な処遇改善(月 5 万円以上) / 2. 保育士の労働時間短縮・労働環境改善 / 3. 准保育士制度など資格要件の緩和 / 4. その他]
保育士不足の解消施策保育士の労働時間短縮・労働環境改善准保育士制度など資格要件の緩和大幅な処遇改善(月5万円以上)
補足コメント
補足コメント保育士賃金が全産業平均より月10万円以上低い実態をみれば、国の責任でただちに月5万円賃上げするとともに、都市部と地方での賃金格差を是正します。栄養士や調理師の処遇も改善します。
Q4 男性の育休取得率は 6.16% に止まる中、男性の育休 " 義務化 " に関する議論が、国会議員・メディア・市民の間で巻 き起こっています。従業員から手を挙げる現在の制度ではなく、企業から従業員へ働きかける形で、従業員は希望 すれば育休を取らない選択もできる『企業に対する " 義務化 " 』について、賛成ですか ? 反対ですか ?
[1. 賛成 / 2. 反対 / 3. その他 ]
男性育休の企業に対する " 義務化 "賛成反対賛成
補足コメント
補足コメント長時間労働や男女賃金格差を是正するとともに、育休中の賃金保障の引き上げ、代替職員の確保、職場への原職復帰、解雇や不利益の根絶、派遣や有期雇用への育休適用拡大、中小企業への助成拡充をすすめます。
おぬまたくみ海野とおる大内くみ子
Q5 下記の「子ども・子育て政策」で、あなたがより積極的に取り組みたいものは何ですか ? [ 各カテゴリー設問ごと、 4 つの選択肢から 1 つお選びください ]
-A. 子どもの貧困対策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]学校給食の無償化学校給食の無償化学校給食の無償化
-B. 安心して子どもを預けるための施策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
病児・病後児保育の充実保育士と児童数の配置基準見直し保育士と児童数の配置基準見直し
-C. 産前・産後の支援 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
産後うつ予防と対策(子育て神話の撲滅)親への再就職・復職支援の強化産後うつ予防と対策(子育て神話の撲滅)
-D. 乳幼児の防災対策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
災害時の地域共助の仕組みづくり乳児用液体ミルクの利用普及避難所の授乳室・親子エリアの設置義務
-E. 放課後児童クラブの充実 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
放課後児童支援員の処遇改善放課後児童支援員の処遇改善放課後児童支援員の処遇改善
補足コメント補足コメント
補足コメント子どもは国の宝、地域の宝であり、社会全体で子育てが行われるべきである。子どもの生きづらさをなくすために、過度な競争教育やブラック校則などをただし、多様性を認め合う教育をすすめます。ジェンダー平等の実現、LGBT差別の根絶など、個人の尊厳が大事にされる社会をつくります。
Q6 その他、「子育て政策」において上記の設問以外で推進したい政策がありましたら、お聞かせください。
Q6 その他取り組みたい「子育て政策」子育て支援全般にわたって取り組んでいきたい。子育ては、国が責任を持つ必要があり、特に配置基準の見直しが必要である。全力を傾注して取り組む。〇大学などの学費を半額に〇給付型奨学金の大幅拡充〇貧困やひとり親家庭への支援〇児童虐待防止の体制強化〇いじめや不登校の相談支援〇安全な通学路や遊び場の確保〇子どもの権利条約にもとづく子どもの権利尊重
おぬまたくみ海野とおる大内くみ子