参院選2019 岩手選挙区 #子育て政策聞いてみた

 横沢たかのり平野達男
写真
政党名など無所属自由民主党
Q1 今年 10 月から幼児教育・保育の「無償化」が実施されます。一方、待機児童や保育士不足など「保育の質と量」の 問題が解決していない中での無償化の導入は時期尚早という声もあります。財源に限りがある中で、これらの問題に 対して今後どのように予算配分すべきとお考えですか。
無償化の予算規模 [ 拡大すべき / 現状維持 / 縮小すべき ]拡大すべき現状維持
保育の質と量の予算規模
[ 拡大すべき / 現状維持 / 縮小すべき ]
拡大すべき拡大すべき
補足コメント
補足コメント若い世代が家庭を持ち、子どもを生み育てやすい環境を整えることが大事で、あらゆる制作手法を総動員するべきです。教育・子育ての無償化をさらに進め、質と量の確保のための予算規模を拡大していくべきと考えます。
横沢たかのり平野達男
Q2 待機児童解消に向けた「保育の受け皿」の確保への対策として、あなたが政策として最も優先すべきと考えるものを お答えください。
[1.保育士の確保のための政策 / 2.用地の確保のための政策 / 3.多様な保育サービスの提供 / 4.その他 ]
「保育の受け皿」の確保への対策保育士の確保のための政策補足コメントに記載
補足コメント補足コメント
補足コメント保育士の平均賃金が低すぎるため、全国的に保育士の確保が困難な状況になりつつあり、必然、質の低下も懸念されます。保育の受け皿はまず人であるという視点が大事です。待機児童ゼロに向け、「子育て安心プラン」の前倒しを進め、保護者の実情を踏まえた保育の受け皿の整備を進めると同時に、保育士の皆様の処遇改善を進めるべき。
Q3 保育の量と質の確保のために、保育士不足の解消は急務と言われています。保育士不足の解消としてあなたが最 も優先すべきと考える施策についてお聞かせください。
[1. 大幅な処遇改善(月 5 万円以上) / 2. 保育士の労働時間短縮・労働環境改善 / 3. 准保育士制度など資格要件の緩和 / 4. その他]
保育士不足の解消施策大幅な処遇改善(月5万円以上)補足コメントに記載
補足コメント補足コメント
補足コメント保育士の責任は極めて重大ですが、待遇がそれに追いついていません。人で不足が進行する現在、自ずと鳴りても確保できにくくなることから、思い切った待遇改善が必須です。保育人材・処遇改善のほか、新規の資格取得の促進、就業継続、離職された方の再就職の促進までの総合的な支援を進めるべき。
Q4 男性の育休取得率は 6.16% に止まる中、男性の育休 " 義務化 " に関する議論が、国会議員・メディア・市民の間で巻 き起こっています。従業員から手を挙げる現在の制度ではなく、企業から従業員へ働きかける形で、従業員は希望 すれば育休を取らない選択もできる『企業に対する " 義務化 " 』について、賛成ですか ? 反対ですか ?
[1. 賛成 / 2. 反対 / 3. その他 ]
男性育休の企業に対する " 義務化 "賛成補足コメントに記載
補足コメント補足コメント
補足コメント男性の育休取得が進んでいないということは、本件をあまり重く受け止めていない企業が多数あるという証左でもあります。義務化によって社会全体の意識も大きく変わることが期待できます。制度的な改善策をはじめとして総合的に検討し、男性の育児休業取得を強力に進めるべき。
横沢たかのり平野達男
Q5 下記の「子ども・子育て政策」で、あなたがより積極的に取り組みたいものは何ですか ? [ 各カテゴリー設問ごと、 4 つの選択肢から 1 つお選びください ]
-A. 子どもの貧困対策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]学校給食の無償化低所得世帯への食料支援
-B. 安心して子どもを預けるための施策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
保育士と児童数の配置基準見直し保育の運営実態の指導監査の強化
-C. 産前・産後の支援 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
出産費用の全額無償化助産師・保健師の知識更新講習制度の導入
-D. 乳幼児の防災対策 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
災害時の地域共助の仕組みづくり災害時の地域共助の仕組みづくり
-E. 放課後児童クラブの充実 [ ▶ 選択肢はリンク先参照 ]
学童保育の人員配置基準(有資格者を含め複数人必須とする)廃止の見直し自治体学童保育実施状況評価制度の導入
補足コメント
Q6 その他、「子育て政策」において上記の設問以外で推進したい政策がありましたら、お聞かせください。
Q6 その他取り組みたい「子育て政策」少子化・人口減少が進む中、子育て支援政策は国の最優先課題であり、充分な予算確保に努めていくべきです。政府プランより児童福祉司の1名増員、給付型奨学金の拡充等に取り組みます。子どもの安全を守るために、地域との連携をはじめとする総合的な対策を進めるべき。
横沢たかのり平野達男